園生活での服装について

 延命保育園では、原則、体操服にて園生活を送っていただいておりますが、年齢によって過ごし方の服装が変わります。ここでは体操服で過ごす意義と、年齢による過ごし方の注意点をご紹介いたします。


体操服の意義


 園生活を体操服に統一することで、地域の皆様に当園の園児ということを認知していただきやすくなり、その結果、子どもたちを見守る目が増え、防犯や安全の向上につながります。

 また、集団生活における仲間意識をはぐくみ、社交性の向上を促したり、活動のしやすさから、保護者様も私服より、安心してお外遊びをさせられたり、その時の流行による服装の競争がなくなったりと、保護者様や子どもたちにとって、良いことがたくさんあります。

 洗い替えも必要になるので一時的なコストはありますが、長い目で見ていただき、子どもたちの成長も含めて、決して後悔のない保育を提供させていただきます。

年齢による過ごし方の注意点


0,1,2歳児(ひよこ組・うさぎ組)

 登園、保育生活は私服で過ごします。ただ、園行事のみ体操服を着用します。

 

3,4,5歳児(にじ組・そら組・ひかり組)

 園での生活は、私服生活から、体操服での生活に切り替わります。制服での登園後、各お部屋にて体操服に着替えます。脱いだ制服はたたんで、おカバンの中へ片付けます。お迎えの時間に合わせて、制服に着替えて順次降園となります。

汚れてしまった場合の、お着替えに関しては、私服の用意でも構いません。

 

※真冬は、羽織るものとして、私服のジャケット、ダウンなどを持たせてください。

 

 

衣替え

夏服…5~9月

冬服…10~4月

となります。ただ目安でありますので、お子様の体調や気温に応じた対応で構いません。よろしくお願い致します。